FC2ブログ

投資で豊かな人生を送ることが出来るよう、セコセコ長期投資に励むブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人投資家の資産運用:交流会報告1

 今日、とあるスポーツセンターで、海外勤務時代にお世話になった米国人と、その仲間達、そして数人の日本人で卓球、バレーをやって遊びました。勿論、その後は飲み会!(私は飲めません。ウーロンのみですが。)
飲み会の中で、出てきた話題は「資産運用」。偶然です。誰が話し出したのか、「全員が俺も、私もやってるよ」なんです。これで盛り上がらないわけがありません。全員失敗談で花を咲かせました。暴露すると、平均運用額:3千万円!(参加者10名)勿論、私が平均を下げまくってますが。以下、外国人投資家の視点を、興味深い点のみまとめてみました。
 なお、外国人投資家といったって、プロではありません。これが絶対正しい!という話ではないので、参考までにということでお読みいただければ幸甚です。

1.ポートフォリオ
 参加者の若めな平均年齢もあるのですが、ポートフォリオの4割を新興国に振り分けています。先進国株20%、新興国株20%、先進国債券20%、新興国債券20%、グローバルリート5%、コモディティ5%、キャッシュ10%
 結構アグレッシブな投資してるなぁなんて水を向けると、伸びない国に投資しても意味ねぇし、って返されましたよ。人気なのはやはりBRICですが、東南アジア、南米、中東、北アフリカも積極投資中だそうです。参加者10名中、8名が外国人で、投資歴平均10年超、中には金融工学の○△ドクターとか取ってる大先生もいらっしゃる。やはり、大多数が損失を完全に取り戻したそうです。

2.運用スタイル
彼らの格言です。
『最悪期にこそ、リスクに立ち向かって前進あるのみ!』
つまり、最悪期(リーマンショック直後のような)にこそ、ハイリスクな新興国に投資すべきである。『落ちると奈落の底までだが、跳ね上がるのは天まで』です。事実、現在と比較して100%以上の回復を記録する新興国はざらです。
また、運用額の8割を長期投資、2割を短期売買する人が結構多いことが分かりました。
長期投資は投信、ETF等、短期売買はFXとか、先物系といったところでしょうか。また、過熱してきたな、って思ったらベア投資も少しずつ購入しているそうです。後、運用成績が良好であれば、キャッシュポジションを少しずつ増やすことも重要です。これは暴落時に対応するための突撃資金だそうです。

皆さんはどうでしょうか。私の場合、運用スタイルについてかなり勉強させられました。新興国投資に対する積極性や、FX,先物までやるという運用方法は彼らほどではありませんが・・・
次回は、外国人投資家が、日本市場の魅力やどういった種類の金融商品を購入しているのか、といったことを報告させていただきます。

非常に読みづらい文章で申し訳御座いませんでした。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TP39

Author:TP39
1982年生まれ。投資デビュー2004年。気ままな独身貴族を謳歌しています。投資で儲かったお金の一部で海外旅行等いってました。今は含み損を埋めるのに必死ですが、、、

まだまだ初心者です。勉強しまくってます。宜しくお願いいたします。
当ブログはリンクフリーです。誰でも相互リンク大歓迎です。ご一報下さい!

【投票】
8月世界株式市場はどうなる!? ↓クリック投票してみてください。↓
その他の投票はこちら:「カテゴリ」投票へ飛びます
ランキングサイト
下記ランキングサイトに参加中です。ポチッとクリックしていただけましたら、幸甚の極みでござりまする
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へマネポケ金融投資ブログランキング
tp39総資産指数
2010年7月23日
前月末122.47
今日125.92
前日比124.97
+0.95
全資産を円建預貯金のみで運用していた場合
前月末125.52
今月128.20(暫定値)
7月末までに128.20ポイント上回れば合格^^ この指数は2009年12月31日時点の私の総資産を100として、現在の数値を計算しています。 過去1ヶ月の総資産推移をグラフにしてみました↓↓
tp39の指数推移
この指数に関する解説はこちら→ 指数に関する解説
人気記事ランキング
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
6844位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
1901位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
MY INDEX
ETF・インデックスファンドなら『わたしのインデックス』
お薦め書籍
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。